ネパール大震災復興支援

下記より本庄国際奨学財団ネパール支援寄付金パンフレットをダウンロードしてください。

 HISF-Nepal-front-0714HISF-Nepal-inside-0714

金の趣意

この度平成27年4月25日(土)現地時間11時56分頃ネパールの中部ゴルカ郡、首都カトマンズの北西約80キロを震源とするM7.8の大地震が発生しました。この地震により首都カトマンズを含む広域にわたり大きく被害を受けています。その二次災害としてのヒマラヤの雪崩、さらに5月12日(火)現地時間12時50分頃カトマンズの東北東訳75キロを震源としてM7.3の大余震によって被害が拡大し、8,800人以上が尊い命を落としました。同時に全国で28,000以上の教室が損壊しました。現時点で被災した生徒らが全員学校に通うためには4,500か所の仮設施設が必要だといわれています。生徒たちもほとんどが家や家族を失くし、今もなお心に傷を負っています。

公益財団法人本庄国際奨学財団は1996年設立以来これまで71か国からの467人の外国人留学生に奨学金を与えてきました。その内ネパール人が11名おり、その中で9名が被災地出身です。

そこで、本財団としても「ネパール大震災復興支援」を開始したいと存じます。ご賛同いただける方々よりご浄財を寄贈くださいますようよろしくお願い致します。

 募金に関するお問合せ

公益財団法人 本庄国際奨学財団

〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1丁目14番9号

TEL:03-3468-2214  FAX:03-3468-2606  E-mail: nepal-support@hisf.or.jp

 

募金要項

 1.寄付金の対象となる地域

ネパール国被災地

 2.寄付金の対象者

被災者(被災状況を確かめ、被害程度が大きい方々)

 3.寄付金の使途

(1) ネパールの被災した学校の建て直し(100校)

(2) 制服提供(先生200名+学生2,000名)

(3) 災被した子供たちに対する奨学基

(4) 被災した図書館の整備

(5) 被災者子供たちに対する文房具の提供

※ネパール人留学生およびOB/OGが被災地へ赴き、現地の被災状況を確かめ、被害程度の大きいところへ適切に援助金が届けられるようにいたします。

※現金の金額、使途について当財団ホームページまたは書面にて寄附者に報告いたします。

4.目標

3,000万円

5.募集期間

復興募金:随時受付

6.寄附方法

1)郵便局にて備え付けの払込取扱票(右上に「通常払込料金加入者負担」と書かれた赤い用紙)に下記の情報をご記入いただき振込み

郵便振替口座記号番号:00110-7-634482

口座名称:本庄国際奨学財団ネパール支援寄付金

     (ホンジョウこくさいショウガクザイダンネパールシエン)

サンプル:ネパール振込用紙記入例

2)ゆうちょ銀行口座への振込の手続きをお願いします。

店名:〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)

預金種目:当座

口座番号:0634482

口座名称:本庄国際奨学財団ネパール支援寄付金

     (ホンジョウこくさいショウガクザイダンネパールシエン)

3)りそな銀行  新都心営業部  普通預金 口座番号:1327393

  口座名義:公益財団法人本庄国際奨学財団

※りそな銀行およびゆうちょ銀行への振込手数料は、寄附者のご負担とさせていただきますので、あしからずご了承ください。

※りそな銀行およびゆうちょ銀行へお振込みいただく場合は、寄附申込書にご記入の上、当財団事務局へFaxまたは郵送でお送りください。または必要事項を電子メールでお知らせいただいても結構です。

※専用振替払込用紙でお振込みの際はお名前、おところ、電話番号、電子メールアドレス(お持ちの方)を必ずご記入ください。

※当財団は内閣府より「公益財団法人」の認定をいただいておりますので、当財団への寄付金には、特定公益増進法人としての税法上の優遇措置が適用され、所得税(個人)、法人税(法人)の控除が受けられます。

7.支援方法

(1) 現地の教育委員会を通して

(2) 直接学校運営委員会を通して

(3) 現地のNGOを通して

8.個人情報の扱い

本財団では、個人情報保護方針に基づき、個人情報を適切に管理いたします。いただいた個人情報は、寄付金募集に関する事務手続き以外には使用いたしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です