2016年度食と健康研究助成金研究成果報告会

28年10月21日(金)にザ・プリンスさくらタワー東京2F、コンファレンスフロアにて2016年度食と健康研究助成金研究成果報告会が実施されました。4名の受賞者及び株式会社伊藤園中央研究所より研究報告が行われました。

報告① 東郷史治先生(東京大学大学院教育学研究科身体教育学コース 准教授)

「交代制勤務者の食習慣の実態とその心身の健康への影響の解明」

img_5720 img_5730 img_5732

報告② 淺原俊一郎先生(神戸大学大学院医学研究科糖尿病・内分泌内科学 特命助教)

「ヒト膵β細胞株を用いた2型糖尿病発症機序の解明」

img_5756img_5757img_5758

報告③ 赤津裕康先生(名古屋市立大学大学院医学研究科地域医療教育学 特任教授)

「網羅的代謝プロファイリング手法を用いエネルギー代謝に注目した高齢者腸内環境への介入研究」

img_5790 img_5791 img_5794 img_5795

報告④ 西堀正洋先生(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科薬理学 教授)

「緑茶カテキン類活性評価のためのin vitro結合実験系と細胞アッセイ系」

img_5808 img_5812 img_5817 img_5821

研究紹介 (株式会社伊藤園中央研究所 小林誠)

「カテキン吸収能の個人差に関する研究」

img_5831 img_5834 img_5836

懇親会

img_5852 img_5854 img_5860 img_5861 img_5865 img_5871

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です