第11回HISFワークショップ・OB/OG会の告知/Notice about HISF Workshop Vol.11

English Messages Following:
第11回ワークショップは下記の要領で開催することが決まりました。
第11回HISFワークショップ
講演会「世界をつなぐ経済」
講師 シュレスタ・ナゲンドラ Nagendra Shrestha, Ph.D.
    (横浜国立大学国際社会科学研究院 准教授)
 日時 2016年7月3日(日)午後3:00~4:20講演会、4:30~6:00懇親会
場所 渋谷エクセルホテル東急 6階「プラネッツルーム」
※シュレスタ・ナゲンドラさんはネパール出身で2004年に博士号取得後、横浜国立大学や一橋大学、国際協力銀行、日本学術振興会の外国人特別研究員などを経て現在に至っている。研究分野は国際産業連関分析、為替制度、アジア経済統合。研究成果は国際雑誌The World Economy, Asian Economic Policy and Review, Scottish Journal of Political Economyに掲載されている。
一般的に、二国間の貿易取引の数字によって経済関係がわかるわけですが、実は第三国の影響も見逃すことができない。ところが、「第三国の影響」は観察しにくく、数値化しにくいのです。横浜国立大学の国際産業連関表(YNU-GIO)は、その数値化に成功しました。ますます複雑化する世界経済の流れを、そのYNU-GIOを使ってシュレスタ・ナゲンドラさんに説明していただきます。一緒に経済発展のヒントを探り、世界恐慌の起こる仕組みを知りましょう。
皆さんも母国の経済のことを(YNU-GIO)を使って考えていただき、シュレスタ・ナゲンドラさんと議論していただきたいと思います。
皆さんにそれぞれの研究分野の関連性からのユニークなご意見も楽しみです。どうぞお誘いあわせの上、奮ってご参加ください。
※現役奨学生の方は、出欠を6月30日(木)までに必ずお知らせください。
※財団の関係者以外の方もご参加いただけますが、あらかじめ参加登録をお願いします。氏名、所属、連絡先をこのメールにお知らせください。締め切りは6月30日(木)です。
※OB, OGの方へ交通費・宿泊費の助成も致しますので、遠方の方もぜひご参加下さい。
※今回は、あらかじめ質問を受け付けます。国際産業連関表から読み解いてみたいこと、具体的な国やエリアの経済関係、最近の経済ニュースに関する専門家の分析について、などぜひお寄せください。
皆様にお会いできることを楽しみにしています。
==========================
 HISF Workshop vol.11 is decided to be organized in July as following.
【HISF Workshop vol.11】
Workshop: International Trade and Economic Linkage
Lecturer: Nagendra Shrestha, Ph.D.
                   (Associate Professor at Yokohama National University)
 Date: July 3, 2016(Sun)
Time: 3:00-4:20pm Workshop/ 4:30-6:00pm Party
Venue: Planets Room (6F), Shibuya Excel Hotel Tokyu
※Nagendra Shrestha, Ph.D., a Nepalese, obtained Doctoral degree in economics from Yokohama National University. He worked as researcher at Yokohama National University and Hitotsubashi University, Economist at Japan Bank for International Cooperation (JBIC) and aslo received JSPS Postdoctoral Fellowship for foreign researcher. He is an expert in international input-output analysis, exchange rate regime, and economic integration in Asia. His works has been published in international journals like The World Economy, Asian Economic Policy and Review, Scottish Journal of Political Economy.
In general, the economic relations between two countries can be understood by the statistics of the trade transactions between them, but in fact the inflence of the third party also plays an important role in the economy of a country. However, it is very difficult to observe the influence of the third party. International Input-Output Table of Yokohama National University (YNU-GIO) has succeeded to quantify the third party influence. Nagendra Shrestha, Ph.D. will explain more about the flow of the complecated world economy using that YNU-GIO. Let’s explore the hint of economic development and  learn about the mechanism of occurrence of the Global Financial Crisis.
※Current Scholars must reply your attendance by June 30, 2016 (THU)
※Someone other than HISF scholars and alumni can also join, but he/ she must register to join. Please email us NAME/ AFFILIATION/ EMAIL by June 30, 2016 (THU)
※To those who are thinking to join from outside of Tokyo area, we can support your travel expenses. So please let us know.
※We receive the questions asking to Dr. Shrestha regarding economical topics: what you want to know through International Input-Output table, about the economical relationship between (among) any specific countries, his idea or opinion about the recent hot topics on economics, etc. Please send us your questions in advance, considering the enough time before the seminar for his preparation to answer.  
We are looking forward to seeing you at the workshop and the party.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です